意外とやさしい社員紹介

パソコンも
ほぼ触ったことない
レベルからのスタートでした

今回は入社2年目のエンジニアSさんをお招きし、入社時のスキルや仕事で大変だったことなどいろいろインタビューしてみました。
なんと入社時点ではほぼパソコン触ったことないレベルだったというSさんのこれまでの成長を深堀りしていきます。

今回は入社2年目のエンジニアSさんをお招きし、入社時のスキルや仕事で大変だったことなどいろいろインタビューしてみました。
なんと入社時点ではほぼパソコン触ったことないレベルだったというSさんのこれまでの成長を深堀りしていきます。

Q1.なんでエンジニアになろうと思ったんですか?転職を決めた理由やきっかけはありましたか?

えーと、最初はエンジニアになろうと思ってた訳ではなくて、知り合いにここをおすすめされたのがきっかけです。
会社の雰囲気もよくて井山さん(代表)澁谷さん(役員)もすごい気さくでいいなと思って入社しました。

入った時もそもそもインフラエンジニアという仕事を知らなくて、エンジニアといえば開発のイメージだったので入社して研修を受け始めて「こんなのあるんだー」と思ったレベルです。自分でもよく受けたなと思います(笑)

Q1.1.ちなみに前職はなにをされてたんですか?

はい、接客業をしてたんですけど会社がダメになっちゃって、次も接客業で探す予定だったんですけど、知り合いに「コロナ禍だし接客業でやってくよりかはエンジニアの方がいいんじゃない?」とアドバイスをもらいました。

あとコツコツ作業したり勉強するのが苦じゃない性格なんですけど、それもエンジニアに向いてるって言われました。

Q2.たくさんある会社の中でシンクドッグを選んだ決め手は何ですか?また、会社を選ぶのに大切にしていることはありますか?

そうですね、一社しか受けてないのでそこまでないんですけど、離職率が低いこと、それと大きい会社より小さい会社の方がちゃんと面倒見てくれそうと思って小さい会社にしました。
あと農業事業部っていう部署があったのも面白いなと思いました。

Q3.入社前の勉強はなにかしてましたか?

そうですね、ITパスポートの本をぱらぱら見たりとかしてました。あとエンジニアといえば開発だと思ってプログラミングをサイトで勉強しちゃってました。まあ全く役に立たない訳じゃないのでいいんですけど。
あといろいろ動画も見たんですけど「いまいちよく分からん!」と思ってました。

Q4.入社前に想像してた研修とギャップはありましたか?

そうですね、研修はもっと流れ作業かと思ってました。これやっとけーで放置みたいな(笑) そしたら毎日5分間MTGしたりすごい話す機会が多くてこんなマンツーマンでやるんだと思いました。

あと入る前にしたプログラミングの勉強が難しくて絶望してたんですけど、入ってからインフラ勉強してみてこっちの方が簡単じゃんってなったので少し気が楽でした。

考えて何かを作っていくよりは、決められたことを手順に沿って一つずつコツコツ作っていく、達成していく方が得意なのでインフラの方が向いてそうって思いました。

Q4.1.研修はきつかったですか?

そうですね、入った時はパソコンほぼ触ったことないレベルだったので研修自体はきつかったんですけど泣きながら頑張りました。

通りがかった澁谷さん(役員): 俺のほうが泣きたかったよ(笑)

でも研修期間中に教えていただいたことはすごく今の業務の役に立ってます。具体的には質問とか報連相の仕方とか、タスク管理とか。騙されたと思って言われたことは全部やってました。

あと私が入った頃は今よりオフィスに人が少なくてシーンとしてたのも寂しかったです。

Q5.実際に実務に入ってからはどうでしたか?

もともとのITリテラシーがかなり低かったこともあって最初はめっちゃきつかったです。きつすぎて井山さん(代表)に3時間くらい泣きながら電話して悩みを聞いてもらったりしました。そしたら後日アメが送られてきました(笑)。

でもきつかった分、成長できたんじゃないかと思います。

研修期間中は自分の成長が資格という形で目に見えてたんですけど、業務はそういう成功体験が少ないのが辛かったです。
最初は本当に何もできないし毎日怒られてたんですけど、なにか指摘をいただいた時は自分で対策を考えて上長に報告したり、分からないことがあったら片っ端から調べて作業前にしっかり確認するようにしてたら、4ヶ月くらい経った頃に上長に「成長したね」って言われて。。それが嬉しかったです。

Q6.業務で楽しいと感じるときはどんなときですか?

いろんな業務をPJ先で経験したり、業務に際して勉強することで、わかることやできることが増えていくときが楽しいなと思います。

Q7.Sさんにはいまの新入社員が受けている研修の課題作りプロジェクトにも参加してもらいましたが、大変でしたか?

そうですね、すごい大変でした。血と汗と涙の結晶です(笑) 私が入ったときに使っていた研修をより良くしようっていうプロジェクトだったんですけど、私が業務で戸惑った経験を活かしてより実践的な課題にしました。その分難しくなっちゃいましたけど。

その作った研修で新しく入った人が苦しんでるのを見て「ごめんなさい・・」って思ってます。
でも実際に現場に行って困らないようにっていう思いを込めて作りました。

Q8.これからシンクドッグで挑戦したいことはありますか?

あんまりないです。明確に「これがやりたい」っていうのが入社する前もなかったんですけど、今もあんまりないので、来た仕事をやるスタンスです。

Q8.1.今後のキャリアを考えたときに今興味がある分野とかは?

うーん、それもあんまりないです。自分が進んでやってみたいと思える分野があれば、仕事もさらに楽しくなると思うので、幅広く勉強してみようと思っています。

Q8.2.今データベース周りの勉強とかされてると聞きましたけど・・・

それもおすすめされたので一応一般教養としてやってます。興味があってやりたいという訳ではないです。

Q9.入社してから自分のどこが一番成長したと感じますか?

うーん、パソコンの基本操作ができるようになったとかですかね(笑)。最初はエクセルが何に使うやつなのかも分からなくて、かろうじてタイピングができるレベルだったので。あと調べる力がついたので、人に聞かなくても自分で解決できることが増えました。

最後にシンクドッグに入ろうと思ってる人へメッセージをお願いします!

そうですね、私が勉強したことはあまり参考にならなかったので、入社前にたくさんのことを勉強する必要はないのかなと思います。

入社前はエンジニアって技術が何より大事な仕事だと思ってたんですけど、そうじゃなくて人とやる仕事なので技術より人間性がすごく大事だなって思うようになりました。人の意見を素直に聞くとか、協調性を持つとかチームで協力し合ったり助け合ったりとか。
もちろん技術は大事なんですけど、コマンド打つだけが業務じゃなくてそれは業務の一部でしかないので。

「技術だけには自信があります」って人よりは、協調性があって人と仕事ができる人と一緒に働きたいなって思います。
そもそもまず自分がそういう人にならないといけないんですけど(笑) すみません、まとまりがなくて。。
まとめると、おだやかで素直な人、ぜひ来てください。

「異業種」「未経験」でも大歓迎!シンクドッグでエンジニアを目指しませんか?

ここまでインタビューを読んでシンクドッグに興味が湧いたり、一緒に働いてみたいなと思ってくれた方、私たちの仲間になってみませんか?
まずは気軽に話を聞いていただくだけでも大歓迎ですし、もちろん応募もお待ちしています。お気軽に応募フォームよりご連絡ください!

募集要項はこちら 応募フォームはこちら
入社年月
:2020年11月入社
前職
:接客業
所属部署
:エンジニアリング事業部